中古車業者に車を売る時に気をつけなければいけないこと

サギ紛いの不当な契約を結ばないよう、中古車業者に車を売る時に気をつけなければいけないことがあります。当たり前ですが、契約書にしっかり目を通すことです。どんな契約でもそうですが、契約書に書かれている内容は署名捺印が済んだ段階で法的な効力を持ちます。事前説明と異なる契約内容になっていないかなど金額に関する文言はしっかり目を通す必要があります。大まかな文章だけでなく細かい補足条件なども目を通してから必要であれば質問して、納得してから契約に進みましょう。マイカーを売却する際は現物を見て査定してもらう必要があります。査定の形式は、二通りあり、どちらも長所もあれば短所もあります。比較的なじみ深いのは、自動車の購入と処分を同じディーラーで行ういわゆる「下取り査定」です。なにしろ手軽なのは言うまでもなく、足(車)がなくて不自由することはありませんが、競争原理が働かないため中古車買取り業者と比較すると低めの査定額になるのは否めません。一方、買取専門業者に査定を依頼すると、品物を欲しいと思う複数の業者間で競争原理が働くので、下取りに出すのに比べて査定額は高くなりやすいです。消費(購入)が専門と思われがちな国民生活センターですが、中古自動車に関連したさまざまな相談電話がかかってきます。この何年かは中古車買取業者についての相談は右肩上がりに増えています。内容的に多いのは、ネットの一括見積りサイトを通じて査定依頼したら、時間を問わずしつこく電話をかけてくる業者がいる、無理やり契約を迫られたがこれでは押し売りではないのかといった相談などです。おかしいなと思ったら、冷静な第三者に相談する事がまず第一です。売却査定において、タイヤの状態は所有者が思っているほどさほど価格に影響を及ぼすものではありません。例外といえばスタッドレスタイヤで、もしスタッドレスに替えている時は、面倒でもノーマルタイヤに戻した上で売るべきです。もしスタッドレスタイヤを履いた車を買い取ったら、積雪の多い地域でないといちいち業者の方でノーマルタイヤに交換したあと売り出すことになります。当然ながらタイヤ交換費用を見積額から引いておくわけです。手元に普通タイヤがある人ならぜひ交換しておくべきです。売却したい車で店舗に乗り付けて当日中に査定してもらいたい時は、お店が特に混雑しているような土休日などでなければ急な持ち込みを歓迎する店は少なくありません。ただ、飛び込み査定のときは相場もわからなければ価格競争もありません。ですから相場より安い価格で買い取られても気づかない可能性が高いのです。一社より多数の会社に出張査定依頼するほうが価格面で良い結果が得られるので、いま一度考えなおしてみましょう。車を処分するためにネットの中古車一括査定サービスなどを利用すれば、たくさんの加盟店からの電話連絡が入るでしょう。現物を確認しなければ見積額は決まらないから、「すぐにでも伺いたい」「訪問の時間を決めたい」と、先着順と言わんばかりの勢いです。何度もしつこく電話を入れてくる担当者もいるみたいですから、目に余る場合は別の会社と契約してしまったと答えるのが効くみたいです。さもなければ電話連絡以外の選択肢(メールなど)のある見積サイトを使うと、こうした事態は避けられます。国内メーカーの自動車に比べると国外メーカーの車は、業者による買い取りの際は値段が安くなりがちです。外車は日本での普及台数が日本の大手メーカーのものと比べるとどうしても少ないですから、市場で安定したニーズがあるとは言い難く、あまり高額で買い取っても業者の利益が確保しにくいのです。それでも処分したいと思うのであれば、同じ条件で複数の買取業者に買取り価格の見積りを出してもらうことが有効でしょう。複数社に一度に依頼できる一括査定サイトをうまく使えば、極めて短時間のうちに何十社もの査定額を知ることができます。実車査定に来た業者は決められたシートにのっとって対象車の市場価値を計算するのが常です。項目ごとに、標準的であれば0点、上ならプラス何点、下ならマイナス何点とひとつひとつ念入りに見ていくので、見落としというのはまずありません。中古車市場でも人気不人気車種は存在しますが、ほかに具体的な見所といえば、ボディの傷、ヘコミ、修復歴とその状態、改造パーツの有無、走行距離などです。査定のプロが見るのですから、修理歴を隠蔽したところで一目瞭然です。簡易査定後に実車査定を受ける段になると、来る業者は皆一様に契約を急ぐはずです。すぐに決めてくれれば査定額に上乗せしますという形の熱心な営業が展開されますが、それが普通なので即決はしないほうがいいです。多くの業者に見積額を競ってもらうことが高値売却の秘訣だからです。当初の予定通り複数の買取業者に見積もり金額を出してもらうことが大事で、検討材料が揃って納得がいってから次の交渉段階に進めばいいのです。けして焦りは禁物です。車の査定を一社でなく複数の業者にさせるというのは、高額査定を引き出すコツと言われています。では何社くらいに依頼すれば良いのかというと、10社頼んで成功した人もいれば2社で充分だったという人もいて、ケースバイケースです。一社にしないで複数の買取業者に見積もらせる意義は何かというと、相場を知って買い叩きを回避するためと、競争原理による高い値付けが期待できることに尽きます。本来の目的さえ満たすものなら、どれだけ多くの会社に依頼しようと問題ないのですが、査定額には有効期限があるので長期化は禁物です。
中古車 高価買取 おすすめ